LRRP JACKET

LRRP=長距離偵察部隊の名前を冠したロングハイク用ジャケット

16,800 + TAX

Color:

  • FOLIAGE
  • BLACK
  • MHAK DRY LEAVES

Size:

  • S
  • M
  • L
  • XL

サイズ表

身幅着丈裄丈
SMALL51cm66.5cm85cm
MEDIUM53cm69cm87cm
LARGE55cm71.5cm89cm
X LARGE57cm74cm91cm

DWR加工(耐久撥水加工)

生地表面に、優れた撥水性を持つDWR加工(耐久撥水加工)が施されており、雨などの水滴を弾く、高い耐候性を持ったファブリックです。

Primaloft®

その高い防寒性と耐候性で、米軍をはじめ多くのアウトドアブランドなどで使われているインサレーション素材。保温性と断熱性に優れ、外からの冷気を遮断しウエアー内部を暖かな状態に保ちます。また、透湿性もあるので蒸れにくく快適な着心地を実現します。撥水性があるのでぬれにも強く、濡れてもほぼ保温性の低下がありません。圧縮に対する戻りも強く、洗濯などメンテナンスも容易な為、フィールドにおいて最高のインサレーション素材と言えます。

POLARTEC®PowerGrid®

起毛面に格子状の起毛していない部分を設けることで、保温性と通気性を両立し、蒸れにくく快適な着心地を提供してくれる、ストレッチ性に優れたフリース素材。

抗菌防臭加工

バクテリアの繁殖を抑え、汗などから来る嫌な臭いの発生を抑制する抗菌防臭加工済み。長時間の着用でも快適で清潔な着心地を実現しています。

MHAK『DRY LEAVES ドライリーブス』

MHAK独特のアートワークを枯れ葉 ( DRY LEAVES )に見立てた、秋の森に溶け込むハンティングカモフラージュ柄のテキスタイルデザイン。
日本の国土で育った木々の写真を、奥行きのあるグラフィックに加工し、生い茂った深い森の空間を再現。
そこに自然と一体化しつつも、確固たる存在感を放つMHAKのアートワークが融合しました。

プロフィール – MHAK as MASAHIRO AKUTAGAWA

981年會津若松生まれ。デザイナーズ家具や内装、様々な空間に影響を受け 絵画をインテリアの一部と捉えた「生活空間との共存」をテーマに国内から海外まで幅広く創作活動を行う。
抽象表現を追求し、曲線で構築し反復する独自のスタイルを造り上げ、個人邸や ホテルなど数々の内装壁画を手掛ける他、故郷である會津とのアートを通じた積極的な取り組みや、リーバイスやアディダスなど多くの一流企業とのプロジェクト、そしてアーティスト集団 “81BASTARDS”の一員としても活動している。

バックパックを背負っての長距離移動に最適化された、このジャケットは「LRRP=長距離偵察」と名付けられました。

前身頃部分には、DWR加工された軽量リップストップポリエステルを使い、厚さ133gのPrimaloft GOLDをサンドする事で、確かな保温性を確保。

袖部分と背中には、POLARTEC®POWER GRID®を使用し、保温性と適度な通気性を確保しつつ、高いストレッチ性で動きやすく快適な着心地を実現しています。

胸にはスマホを入れておくのに便利なポケットがあり、Primaloftの層の中にある為、寒さで起きるバッテリーの低下を防ぎます。

両脇のポケットはファスナー式で、同じくPrimaloftの層の中にありますのでハンドウォーマーとしても暖か。

ジャケット内部には、両サイドに大きめのメッシュポケットを配置し、グローブやネックウォーマーなどを仕舞っておけます。

長めに設定された袖には、サムホールが設けられており、手の甲まで余裕を持って覆えます。

そして、このジャケット一番の特徴的な機能がLRRPモードです。

これは、裾両サイドにあるスナップボタンとファスナーを開け、バックパックのウエストベルトを前身頃の内側を通して留め、再びスナップボタンとファスナーを止めることで、ジャケット両脇のポケットがバックパックのウエストベルトに干渉せず使え、バックパックの背負い心地も向上する機能です。

天候の安定した日にはアウターとして、悪天候時はシェルジャケットの中にミッドレイヤーとして、バックパックを背負う登山やバックカントリーで、最高のパフォーマンスを発揮してくれる一着です。