バックカントリー用バックパック『REAPER BACKPACK』リリース

自分の足で雪を踏みしめながら高度を稼ぎ

まっさらの斜面に刻むトラック

孤を描くたびに上がるスプレー

雪山は、時に厳しく

時に優しい表情で我々を迎えてくれます。

そこには、シンプルな自然現象があるだけ

バックカントリーの魅力を言葉で表すのは難しく

現場にいった者にしか分からない世界がそこには広がっています。

 

今季よりリリースとなったREAPER BACKPACKは約2年の期間
変化に富んだ地形と気象条件の厳しい谷川岳や、新潟周辺の山々で繰り返しテストが行われて開発されました。

通常のバックパックが荷物を背負う事をスタートとして作られるのに対し
Reaper backpackは「滑走すること」をメインにデザインされています。

22リットルの容量は、日帰りルートやサイドカントリーにベストサイズ。

Swing tech機能搭載のウエストベルトは、ターンやエアーでの自然な動きを可能にします。

ショルダーストラップの腰側の取り付け位置は通常より高めに取り付けてあり
上下運動にもバックパックが身体に追随してくるため、力のロスやバランスを損なう事はありません。

取りだしやすいバックパネルアクセスのメインコンパートメントとアバランチギア収納する表面の独立した荷室

ゴーグルポケットやピッケルループなど、バックカントリーで必要な機能を搭載。

滑り手によってデザインされ作り上げられたReaper backpackは、攻めの滑りをする

スキーヤーやスノーボーダーには、間違い無く最高の相棒になるでしょう。

 Reaper backpackの詳細ページ
正規販売店一覧

blog