News

AMBUSH JACKETが更に進化。ジェネレーション2へ

AMBUSH JACKETが更に進化。ジェネレーション2へ

発売から5年。

「雪のちらつく山中での待ち伏せ任務から、冬のアウトドアまで対応した最高の防寒ジャケット」

をコンセプトに、様々なフィールドで高い保温性と快適な着心地を提供してくれるベストセラーアイテム『AMBUSH JACKET アンブッシュジャケット』

吹雪の日から穏やかな日まで、 アンバサダーや開発陣が 冬のフィールドやストリートで、最も長い時間着用してきたアイテムです。

 

実は、保温性が高いジャケットを作るのは、そんなに難しいことではありません。

極論を言えば、ダウンやインサレーション素材、断熱材をいくらでも詰め込めば良いわけです。

しかし、それでは着用感や快適性が損なわれてしまうわけで・・・

我々が活動するフィールドでは、ただただ暖かいだけのギアは必要なく、重要なのは、快適であること。

 

AMBUSHジャケットの設計は、なるべく広い温度帯とシチュエーションに対応し、常に着ていて最高に快適であることを目指しました。

前作のAMBUSHジャケットも、この点では優秀で申し分ありませんでしたが、Trailblazer hoodieの登場や、5年の間に蓄積されたフィードバックを反映する時期が来たのを感じ、今回フルモデルチェンジする事になりました。

 

先ず、大きく変わったのは、ファブリック。

テフロン加工された薄くしなやかな生地は、軽量化と着心地の向上を飛躍的に実現してくれました。

さらにインサレーション素材のPrimaloft®GOLDは、前作より厚めに。

これによりロフトを増して保温性をアップしつつ、さらに軽量化をするという課題をクリアーしました。

 

そして、脇のベンチレーションは長く延長され、カーブしながら脇腹まで伸び、上下から開閉が可能なデザインにしました。

理由は保温性をアップした分、暑くなった時にクールダウンするという意味もあるのですが、下からファスナーを開け、ジャケット内に着用したミッドレイヤーのポケットへアクセスできるという機能の為でもあります。

 

また、シルエットも変更となり、内にレイヤリングがしやすいよう身幅を広げ、肘から下の袖の幅を細めに、そして腕の可動範囲が広いカッティングに改良されています。

 

このようにアップデートし、最高のフィールドギアに仕上がったAMBUSH JACKETを

『GENERATION2 第二世代』と名付けました。

 

最高だった物を、さらに最高にするのは、なかなか大変でしたが、答えはいつも自然が教えてくれます。

あとは、SUBDUEDの出した答えを、皆さんが冬のフィールドで答え合わせをして頂けると幸いです。